年間110万円までの贈与は得なのか?

年間110万円までの贈与の検証

相続人は子供1人で相続財産4億5千万円の場合において、10年間・毎年100万円贈与した場合と毎年1,000万円贈与したあと、3年後に相続が発生した場合における贈与税と相続税の合計額を比較検証してみます。

毎年100万円贈与した場合と毎年1,000万円贈与した場合の贈与税額

年数 100万円/年
贈与した場合
100万円/年
贈与時の贈与税
1,000万円/年
贈与した場合
1,000万円/年
贈与時の贈与税
1年目 100万円 0円 1,000万円 177万円
2年目 100万円 0円 1,000万円 177万円
3年目 100万円 0円 1,000万円 177万円
4年目 100万円 0円 1,000万円 177万円
5年目 100万円 0円 1,000万円 177万円
6年目 100万円 0円 1,000万円 177万円
7年目 100万円 0円 1,000万円 177万円
8年目 100万円 0円 1,000万円 177万円
9年目 100万円 0円 1,000万円 177万円
10年目 100万円 0円 1,000万円 177万円
3年後相続開始
時の合計額
1,000万円 0円 10,000万円 1,770万円
  • 毎年100万円した場合の総贈与税→→0万円
  • 毎年1,000万円した場合の総贈与税→→1,770万円

10年間・毎年100万円贈与した場合と毎年1,000万円贈与したあと、3年後に相続が発生した場合の相続税額

相続人は子供1人で、相続財産4億5千万円の場合の基礎控除額は、3,000+600=3,600万円となります。

相続財産3億円超~6億円以下の相続税の税率と控除額

税率 控除額
概要 50% 4,200万円

毎年100万円贈与した場合の相続税額

総課税価格=遺産総額-贈与額=45,000-1,000=44,000万円
相続税額=(総課税価格-基礎控除額)×税率-控除額=(44,000-3,600)×50/100-4,200=16,000万円

毎年1,000万円贈与した場合の相続税額

総課税価格=遺産総額-贈与額=45,000-10,000=35,000万円
相続税額=(総課税価格-基礎控除額)×税率-控除額=(35,000-3,600)×50/100-4,200=11,500万円

  • 毎年100万円した場合の相続税額→→16,000万円
  • 毎年1,000万円した場合の相続税額→→11,500万円

年間110万円までの贈与が有利とは限らない!

10年間・毎年100万円贈与した場合と毎年1,000万円贈与したあと、3年後に相続が発生した場合の贈与税と相続税の合計額

  • 毎年100万円した場合の税額合計=相続税額+贈与税額=16,000+0=16,000万円
  • 毎年1,000万円した場合の税額合計=相続税額+贈与税額=11,500+1,770=13,270万円

上記の検証より、年間110万円までの贈与が必ずしも有利とは限りません。
相続税の適用税率に応じた適切な贈与をすることが重要です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です