公正証書遺言の検索

公正証書遺言の検索に必要となる書類について

公正証書遺言を検索できる方は、遺言者が生きていている場合は遺言者本人に限られ、遺言者が死亡した場合は法律上の利害関係のある人に限られます。

遺言者の死亡後の公正証書遺言の検索

遺言者の死亡後に、法律上の利害関係人である相続人本人が公正証書遺言の検索するのに必要となる書類について以下に記載します。

  • 1.遺言者の死亡を証明する書類
    →遺言者(被相続人)の除籍謄本や死亡診断書にあたりますが、相続手続きには除籍謄本が必要となるため除籍謄本がおススメです。
  • 2.遺言者と相続人との関係を証明する書類
    →相続人が公正証書遺言の検索を請求する場合、相続人と遺言者(被相続人)の関係を証明する戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍を取得します。
  • 3.請求人の身分を証明する書類
    →請求者の印鑑証明書(作成後3ヶ月以内のもの)と実印、パスポート若しくは運転免許証等の顔写真付き身分証明書

遺言者の死亡後に、法律上の利害関係人である相続人の代理人が公正証書遺言の検索する際は、上記の1~3に加えて必要となる書類について以下に記載します。

  • 4.相続人から代理人への委任状
    →相続人から代理人への実印が押印された委任状
    ※委任状に実印が押印されているため、3の実印とは遺言者の身分証明書は不要です。
  • 5.代理人の本人確認資料
    →代理人の免許証等の本人確認書類

遺言者が生存している場合の公正証書遺言の検索

遺言者が生きている場合は、遺言者本人しか請求できません。遺言者本人が自分の公正証書遺言の検索するのに必要となる書類について以下に記載します。

  • 1.遺言者の身分を明する書類
    →遺言者本人の印鑑証明書(作成後3ヶ月以内のもの)と実印、パスポート若しくは運転免許証等の顔写真付き身分証明書
  • 2.遺言者の代理人による請求の場合は、遺言者本人から代理人への実印が押印された委任状
    ※委任状に実印が押印されているため、1の実印とは遺言者本人の身分証明書は不要です。
  • 3.遺言者の代理人による請求の場合は、代理人の本人確認資料
    →代理人の免許証等の本人確認書類

遺言者の法定後見人による請求は、できないとされています。